ライブラリ - ドイツから届いた日本の思い出

ライプツィヒ ユース シンフォニー オーケストラ日本ツアー(東京、栃木、京都)

ライプツィヒ ユース シンフォニー オーケストラ 日本公演

ライプツィヒ ユース シンフォニー オーケストラがロン-ディルク・エントロイトナー指揮のもと、日本ツアーを行います。
音楽による親善交流を目的とした本ツアーでは、東京・鹿沼・京都の各都市のユースオーケストラと合同で演奏会を開催するほか、公開リハーサルやワークショップも行います。
ベートーベンをはじめ、ブラームスやブルックナー、その他映画音楽など多彩な演奏プログラムを予定。

ライプツィヒ ユース シンフォニー オーケストラについて

正式名称をDas Jugendsinfonieorchester der Musikschule Leipzig „ Johann Sebastian Bach“とし、ムジークシューレ・ライプツィヒ(ヨハン・セバスティアン・バッハ)(ライプツィヒ市立音楽教室)の一機関として1985年に創立された。14歳から20歳の総勢約80名の青少年によって構成され、JSO Leipzig(ヨットエスオー・ライプツィヒ)の略称で親しまれいている。
2004年以来、全ドイツオーケストラコンクールにて、毎回優勝。2012年、2016年には歴代最高点で優勝を飾り、ドイツオーケストラ賞を受賞。
ライプツィヒ市内の活動として、聖トーマス教会やゲヴァントハウスなどで年に2回の定期演奏会をはじめ、クリスマスコンサートやライプツィヒ市主催の市祭での野外コンサートなども行う。また海外での演奏活動にも力を入れており、これまでギリシャ、イタリア、スペイン、ブルガリア、オランダ、オーストリア、スコットランド、スイスなどヨーロッパ各国で音楽祭や親善演奏会に参加している。

公演スケジュール

東京 2019年7月13日
栃木 2019年7月15日
京都 2019年7月17日、18日

ライプツィヒ ユース シンフォニー オーケストラ

日本公演に参加したJSOライプツィヒのメンバーから、日本の思い出が届きました。こちらからご覧ください。